牛の峰工事日記

牛の峰工事日記

みなさん、こんにちは。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております、有限会社西畑建設です。

牛の峰地蔵院本堂の新築の紹介です。
一番初めに拝殿の傷みの激しい部分
屋根及び雨漏りしていた所等の修復
次には境内のなかの四方転びの釣鐘堂の新築
今回は本堂の新築をさせていただくことになりました。
ありがたく思っています。

今回の本堂は県内でも類を見ないつくりとなっており
伊予市の文化財に指定されています。
それは御影石の板石を屋根に使用し建立されてからもかなりの
年数がたっていることです。

2011-033

2011-035

横長い石が屋根になっています。

上写真右が棟梁西畑博海
下写真中央が工事日記担当の西畑幹司です。
お問い合わせは
ご感想はこちらまでお願いします。

西畑建設
  089-986-1397
工場089-986-1319
携帯090-4505-6158
メール nishibata2754@jasmine.ocn.ne.jp
    http://www12.ocn.ne.jp/~nisibata/

 
〒799-3201 愛媛県伊予市双海町高野川甲1047
 西畑幹司

牛の峰工事日記

みなさん、こんにちわ。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております、有限会社西畑建設です。

牛の峰の釣鐘堂のかたちが出来てきました。
画像20-001

木を1本づつ組み上げて当時の姿を取り戻していきます。
骨組みをあわしていく間釘や金物は使用せず、
ほそ、込み詮、くさびという部材でつなぎ合わせています。
以前の建物はそれで200年以上の耐久性を出しています。
画像20-035
あらためて日本の木工技術力の高さを感じています。
また、この技術は後世に伝えていかなくてはならないものだと思いました。
最近は、プレカットといって、大工による手刻みを
しなくなってきています。
大工の腕というものは著しく低下しており、のみ、かんなさえ使えない
人が増加しています。
いい仕事をしていれば、耐用年数の長い建物が作ることが可能です。
日本のすばらしい建築文化を守る上でももっと技術を磨いていきたいと思います。


牛の峰工事日記

みなさん、こんにちわ。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております、有限会社西畑建設です。

牛の峰地蔵院の切り組です。
使用材料はケヤキです。
今回の工事は復元です。
200何年か前の状態に戻すのが仕事です。
使用していた部材がケヤキでしたのでそれと同じにしました。
ただ、乾燥材でなければいけません。
杉、ヒノキに代表される針葉樹
ケヤキ、桜に代表される広葉樹
針葉樹で最低1年大体2年
広葉樹で最低4年大体7年という具合で乾燥させなければ
狂いが生じます。
今回使用するケヤキもよく乾燥させたものを使用しました。
画像20-001
差し鴨居や木鼻、大洲藩の紋が入っている蟇股すべてに彫刻がされています。
その模様も同じに再現しています。
画像20-054
柱の大きさも同じですが
6寸「18cm」×6.5寸「19.5cm」もある立派なケヤキです。

画像20-049
巻斗、方斗、大斗全部で28個にもなります。
画像20-050
肘木も破風板も出来上がりです。
画像20-052
仕上げはかんなで削ります。
表面を削るとケヤキ独特の渋い色になります。
1つ1つ丹精を込めて仕上げています。

牛の峰工事日記1

ここは双海町
双海シーサイド公園より山に走ること30分
海を見れば青島の裏まで見え
陸を見れば松山を見ることが出来る
とても景色のよいところです。

時をさかのぼること江戸時代
大洲のお殿様が船を使い参勤交代
天気予報があるわけでもなく
出向時の天気はどこえやら
見る見る視界が悪くなり危うく遭難しかけたときに
双海の山の頂上から御光が射すではないですか。
危うく難を逃れたお殿様
あの山の頂上に「お堂を建てましょう」
という話を聞きました。
今現在も牛の峯様と信仰する方は多く
マイカーで訪れる人はもちろん
タクシーでお参りに来た方にも会いました。

一昨年には本堂の改修をさせていただき
今回は釣鐘堂の新築に携わらせていただきました。
本当にありがたいことです。
200数十年前の姿を復元すべく頑張ります。

10-6-1
復元のため木の大きさを測っています。
ちなみに使用材料はケヤキで柱の大きさは18cmもあります。
記事検索
$HeadSectionCommon$