N邸新築工事

大黒柱 2世帯住宅

みなさん、こんにちわ。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております、有限会社西畑建設です。
伊予市鳥ノ木2世帯住宅は、現在、タイル工事中です。
タイルはINAXを使用しています。
玄関は御影石「オプションですが」です。
11月完成に向け着実に工事は進んでいます。

現場紹介を愛媛新聞のハッピーライフのところに紹介しています。

施主様のご好意によりまして、10月30日に見学会を開催するように
なりました。
その時には玄関を入ったところの大黒柱を見ていただきたいと思います。
この住宅をしっかり守っています。


0900NishibataKensetsu

N邸新築工事

みなさん、こんにちわ。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております、有限会社西畑建設です。

鳥ノ木のN邸は床工事、天井工事と着々と進んでいます。
1階リビングは天然杉板張り、2階リビングはナラ無垢フロアー
そう、上下にリビング風呂とあり2世帯での生活になります。
玄関は中本造林さんの松えんこう板超高級床材です。
2階子供部屋もナラです。
そうです。ベニヤ板を接着剤で固めたフロアーは使っていません。
新築住宅に無垢以外は使用しません。
天井板も杉板をふんだんに使っていて
建物の外にも木の香り「木の成分 フィトンチッド」
が漂っています。ぜひ、お近くの方は体感してください。

少し説明します。森林浴をすると、森の緑が目に優しく、樹木のほのかな香りで、気分を爽快にしてくれるでしょう。これは、森林から放散される成分「フィトンチッド」が、気分が安らぐ状態をつくりだすためです。フィトンチッドは、植物がたえず侵入しようとする微生物から身を守るために作り上げたもので、抗菌性や消臭効果をもち、環境を浄化する働きがあるのです。五感にかかわる自然由来の刺激が生態系に及ぼす影響を脳活動や自律神経活動(血圧、脈拍数等)を指標として調べた調査によりますと、例えばスギ・ヒバ材の香りや木目は、人をリラックスさせる効果があることがわかっています。
住宅などにつかわれる、切られた後の木にも様々な化合物が含まれ、その木特有のにおいをつくり出しています。それらの化合物は、においだけでなく、働きも異なります。木の香り成分は、いわゆる揮発性の成分ですが、水とは異なり、長く木材中に保たれます。かすかににおう木の香りがストレスをやわらげ、リラックスさせたり、疲労回復に効果があることが、血圧やストレスホルモンなどの測定によっても明らかにされています。特に、木の香りは、ダニの繁殖を抑える働きもあります。ヒノキ、ヒバ、スギ、などには繁殖を抑えるだけでなく、殺ダニ作用もあるのです。さらにヒノキ、ヒバ材のにおい成分は、院内感染の原因となる病原菌や、ダニやカビに対しても、強い繁殖抑制作用のあることが知られています。特に木の香りとダニの動きの実験では、ヒノキの香りを放った1日後にはダニの行動が抑制され、スギの香りは3日後に、香りの存在しない対照区に比べて、ダニの抑制効果がありました。現在のストレス社会において、生体をリラックスさせる木材本来の刺激を上手に取り入れることで、生理的に気分を快適にするだけでなく、清潔で快適な室内空間をつくるのにも役立っているのです。


有限会社 西畑建設
愛媛県伊予市双海町高野川1047
TEL:089-986-1397
E-Mail:nishibata2754@jasmine.ocn.ne.jp
090-4505-6158
nishibata2754@jasmine.ocn.ne.jp

N邸新築工事

みなさん、こんにちわ。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております。西畑建設です。
N邸骨組みです。
画像20-010
壁が出来る柱には、3箇所貫という部材で結合します。
室町時代ごろから土の壁を付け初めて今日まで脈絡と継承されてきた技術です。
「地震には大丈夫ですか」との質問を受けることがあります。
実物を見てもらうと「この建物なら大丈夫ですね」といわれました。
建物の強さは大工の腕と材料に大きく左右されます。
しっかりと見て検証することを強く望みます。
画像20-070
木材は組むことにより強度が増します。
垂直加重、水平応力、地震、風圧どれにしても
木組みは実力を発揮します。

画像20-027

屋根と土壁の状況です。
屋根瓦は菊間より持ち帰り、松原瓦所にて製作してもらっています。
1200度近くまで温度を上げます。
瓦所の中でも高温で焼きます。
1000度ほどしかあげなければ塩害、または寒さに弱いものになります。
海の近くの仕事、また、中山、内子、大洲もっと厳しいところでは
久万高原町で建築するからこそ高温で焼いてもらっています。
いい瓦ですることは屋根の寿命が延びることになり
とてもエコロジーであります。



N邸新築工事

みなさん、こんにちわ。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております、有限会社西畑建設です。

今回は伊予市「いよっこら」産直市場、農家の方が朝取り野菜を並べるお店
の近所で新築住宅の棟上式です。
前日、栗の土台を敷いた状態から1つ1つの部材を組み上げていきます。
画像20-002


写真は通し柱と胴差しその下は差し鴨居全部で5つの部材が
寸分の間違いなく、組み合わさっています。
柱、梁、桁たくさんの木を組み合わせ1つの家になっていきます。

画像20-004


時間は5時前、祭壇を組み、棟梁が祝詞をささげ御幣を振ります。
40年間変わらぬ風景です。
今日の無事な棟上のお礼と今後の
工事の無事を願います。

画像20-006


さあ、これからおもちまきです。
おもちを拾うのも面白いですが、投げるのはそれの何倍も楽しいですよ。
画像20-007


場所は変わって近所の公民館です。
施主様、親類の方交えての祝賀会
住宅建設をさせていただき、いい家をありがとうと言ってもらい
この仕事でよかったと思う瞬間です。
ありがとうございました。の気持ちでいっぱいです。







記事検索
$HeadSectionCommon$