2011年03月

地元棟梁の建てる家

みなさん、こんにちは。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております、有限会社西畑建設です。

2010写真 010


突然ですが右手に着替えをしているのは西畑建設の棟梁です。
先日、建前式をおこなった森松の家の
貫「ヌキ」工事をしているところです。
棟梁自ら現場指揮をとり木を組み上げていきます。

柱と柱をつないであるのが貫といいます。
今構造技術者の中でこの貫構造、などの伝統技術の見直しが急ピッチで進められています。
なぜかというのは、研究や調査が現場任せになっていたために
表舞台に出ていないからです。
神社、お寺、をはじめ旧家といわれるものは規制をしなくても
50年、100年と時を越えて立ち続けているため法律で最低限の仕事を決めなくても良かったと考えられています。

宮大工の棟梁で有名な西岡常一棟梁のような方が建物の指針を決めていたなら、現在のように建物の寿命が30年から40年なので
もっと家の寿命を延ばさないといけないなどと言わなくてすんだろうにと常々思います。

昔から棟梁という存在があり、全国各地の棟梁といわれる方々が地域の建物に目を光らせていました。
この箇所にはこの木をいわゆる適材適所
また、継ぎ手仕口などの技術
それらを守り後世に伝えてきました。
地元の木、材料で地元の棟梁、大工が建てる家
それが住宅建設の本来の姿ではないでしょうか?



お問い合わせは
ご感想はこちらまでお願いします。

西畑建設
  089-986-1397
工場089-986-1319
携帯090-4505-6158
メール nishibata2754@jasmine.ocn.ne.jp
    http://www12.ocn.ne.jp/~nisibata/
工芸の店http://www.kishop.jp/
 
〒799-3201 愛媛県伊予市双海町高野川甲1047
 西畑幹司

洋風屋根施工確認

みなさん、こんにちは。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております、有限会社西畑建設です。
グループホームの屋根施工確認です。
今回は洋風住宅仕様で平瓦となっています。
設計者管理者アーキテクトライン平井さんによる確認状況です。
平井さんには大変お世話になっています。
2010写真 207

外観風景です。
設計事務所の図面で入札物件であるため
西畑建設では珍しい洋風住宅のサイディングの外壁となっています。
2010写真 406



お問い合わせは
ご感想はこちらまでお願いします。

西畑建設
  089-986-1397
工場089-986-1319
携帯090-4505-6158
メール nishibata2754@jasmine.ocn.ne.jp
    http://www12.ocn.ne.jp/~nisibata/
工芸の店http://www.kishop.jp/
 

新築建前式をしました

みなさん、こんにちは。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております、有限会社西畑建設です。

画像40 010

新しく松山市に新築建前をおこないました。
場所は森松のバス停留所から高井方面に抜ける道沿いです。

画像40 009
どうでしょうこの木材の量

木と木は複雑に絡み合うことで強固なものになります。


画像40 008

これはは松の梁ですが近くで見るとこんなに大きいのです。
一生に一度の家です。
いい材料で住宅建設したいですよね。





お問い合わせは
ご感想はこちらまでお願いします。

西畑建設
  089-986-1397
工場089-986-1319
携帯090-4505-6158
メール nishibata2754@jasmine.ocn.ne.jp
    http://www12.ocn.ne.jp/~nisibata/
工芸の店http://www.kishop.jp/
 

グループホーム施工中

みなさん、こんにちは。愛媛県伊予市を中心に、住宅建設を手掛けております、有限会社西畑建設です。
 
今回はグループホームの骨組みの写真です。
2010写真 240

柱は杉柱で4寸その他桁梁も杉材です。

2010写真 337

屋根下地の状況です。
切り妻屋根でこの材料は平瓦をのせます。
画像20-016

双海町の夕日です。
このグループホームからこのような景色が見えます。

記事検索