2010年08月

工芸品も作ってます!



みなさん、こんにちわ。愛媛県伊予市を中心に、和風住宅を手掛けております、有限会社西畑建設です。


当社の地元の旧双海町には、美しい夕日が眺めれる「双海シーサイド公園」という施設があります。今や県内ではメジャーな観光・ドライブスポットとなっておりますが、その施設内にこの度、工芸品販売コーナーが設けられました。


そして、その工芸品コーナーに当社で制作した衝立・テーブル・壺などが取り扱われることとなりました。その紹介をさせていただきます。

073


◎衝立◎
衝立とは空間を仕切る為の家具のことです。今では、スクリーンやパーティションとも呼ばれています。
衝立には、屏風のように長方形で向こう側が見えないようにできるものもあれば、お部屋のインテリアとしてみて愉しむものもあります。その両方でももちろんOKです。
木の重厚感とツヤの輝きがお部屋の魅力を一層引き出すこと間違いなしです!


◎テーブル◎
同じ材種の一枚板でも大きさや形、木目や色目など表情は様々です。その無垢の一枚板の個性を活かした世界に二つとないテーブルを是非ご覧下さい。

◎木壺◎
職人技が光る木製の壺です。生け花や床の間にいかがでしょうか。高級感漂う雰囲気に一役買うでしょう。


西畑建設では、住宅建築・建具の制作だけでなく、このような木工芸品製作も行っております。原材料である原木から仕入れている強みをフルに活かしております。こんな家具が欲しいなどありましたら、お気軽にご用命下さい。



有限会社 西畑建設
愛媛県伊予市双海町高野川1047
TEL:089-986-1397
E-Mail:nishibata2754@jasmine.ocn.ne.jp

新聞に当社が紹介されました

みなさん、こんにちわ。愛媛県伊予市を中心に、和風住宅を手掛けております、有限会社西畑建設です。


当社では、木造建築を多く手掛けておりますが、そのこだわりと仕事ぶりが業界紙である「日刊木材新聞」に掲載されました。この新聞は木材・建材業界トップの専門紙で、60年以上の歴史があります。


その中の「木を愛し職人技能を伝える〜愛媛の伝統構法ルポ〜」にて、柱の原料である原木の選定から施工までをすべて自前で取り組んでいるところの取材を受けました。


記事の内容を簡単にお話させていただきますと、
当社では棟梁自ら県内の原木市場を回り、県内産のヒノキやスギにとどまらず、地松、クリ、ケヤキ、ヤマザクラと幅広く仕入れています。製材も自社の加工場でで行い、柱で最低でも1年、広葉樹にいたっては3〜4年間、じっくり寝かせて自然乾燥をしています。製材した素材は、構造材・造作材・建具などもすべて自社で行っています。

壁工事においては、「竹小舞」という技法で職人が丁寧に仕上げていき、外壁には12ミリ厚の焼杉を、内壁には珪藻土やヒノキやケヤキを使用しています。また、天然杉は高知魚梁瀬産の樹齢150年〜200年の天然杉を用いています。


これだけの木材と職人技を駆使して、坪単価50万円〜45万円(照明・給排水工事等含)という価格が実現できているのも、木材の選定から竣工まですべて自社で行い、中間業者を通さないことによるコストカットによるものです。


家は人生に一度の大きな買い物です。そのビッグイベントに相応しい、高品質かつ健康に暮らせるこだわりの住まいにしてみませんか。西畑建設では、そんな皆様の願いを叶える住まいをご提供いたします。


お気軽にお問い合わせくださいね。



有限会社 西畑建設
愛媛県伊予市双海町高野川1047
TEL:089-986-1397
E-Mail:nishibata2754@jasmine.ocn.ne.jp
記事検索