みなさん、こんにちわ。愛媛県伊予市を中心に、和風住宅を手掛けております、有限会社西畑建設です。


いよいよ、ゴールデンウィークですね。連休中は天気がいいみたいですから、どこか遠くへ出かけてみては?


さて、今日は耐震改修工事についてのお話です。

近頃、日本はもとより世界各地で大規模な地震が起き、甚大な被害が報告されていますよね。
「備えあれば憂いなし」ということわざにもあるように、大切な財産かつ自分自身を災害から守ってくれる住まいの強化は、やっておいて損はないのではないでしょうか?


西畑建設では、伝統工法土壁や木組の構造躯体の住宅を多く手掛けており、さらなる耐震性強化の為にも耐震工事の必要性を感じております。

しかし、一般に耐震性の強化材として使われる構造用合板や金物による剛体的改修は伝統工法土壁や木組の構造躯体の住宅には地震発生時に柱や梁を傷つける恐れがあり不適格です。

ここでは、伝統工法土壁や木組の構造躯体の住宅にあった耐震工法をご紹介します。

☆樹脂一体型仕口ダンパーを使用した耐震補強☆
建物の柱と梁との交点を仕口といいます。仕口は木造建物の耐震性能を左右する重要な部分です。その仕口に「仕口ダンパー」を取り付けることによって、地震による揺れのエネルギーをしなやかに吸収し、建物の変形を小さくすることにより被害の低減を図ります。(株式会社鴻池組資料より一部引用)

☆耐震シェルター☆
自宅の一室に鉄骨を組み込むことによって、地震による倒壊による圧死を防ぐものです。もちろん、隣接した部屋をはじめとして、家全体の補強度も上げることになります。
設置は、お部屋に合せてオーダーメイドに組み込むため、建て替えが不要かつ住んだまま施工が可能です。
地震は心配だけど、建て替えまではちょっと・・・という方にはピッタリですね!

大阪府耐震の耐震補強推進コーナー


耐震改修工事は、精密な耐震診断を行ってからの改修になりますので、まずはお気軽にご相談下さい。
ご連絡お待ちしております。


有限会社 西畑建設
愛媛県伊予市双海町高野川1047
TEL:089-986-1397
E-Mail:nishibata2754@jasmine.ocn.ne.jp